妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

妊娠初期に気をつけたいこと

妊娠初期にあたる4ヶ月までは、何かと心配も多い時期です。

その中でも特に心配されるのが、流産と切迫流産になります

流産とは、妊娠22週未満に子宮内で赤ちゃんが育たずに、妊娠が中断してしまうことをいいます。

この、流産は全妊娠の10〜15%に発生し、妊娠12週未満では胎児側の原因、12週以降は母体側の原因になっている場合が多いのです。

しかし、原因がはっきりしないこともあります。

万一、流産してしまった時は、次の妊娠が安心して出来るように、手術などで胎児や胎盤などを子宮からとりだします

その後の、性生活はお医者さんの許可がでてからにしましょう。


切迫流産は、出血やおなかの張りなど、流産の兆候はあっても、妊娠は継続できている状態をいいます。

流産の兆候が治まれば、赤ちゃんの成長に影響はほとんどないことがおおいです。

切迫流産のおもな自覚症状は、生理痛のような下腹部の痛みやおなかの張り、だらだらと続く少量の出血などがあります。


            
            


正確なところは超音波検査で赤ちゃんの心拍を確認するなどしないとわかりません。

もし切迫流産と診断された場合は、止血剤や子宮収縮抑制剤を処方される場合もありますが、まず第一は症状が治まるように安静にします。

状態により、たとえば出血がひどい時は、入院を勧められるケースもあります。

症状がなくなれば、普通の生活ができます。

それから妊娠初期で気になる事は、子宮外妊娠です。

これは受精卵が卵管や卵巣など、子宮ではないところに着床してしまうことです。

尿検査などで妊娠反応は出るのに、超音波検査で胎嚢が確認できない場合は、子宮外妊娠の可能性があります。

妊娠4〜6週頃に突然の激しい下腹部の痛みや、血の混じったおりものがあるのが特徴です。

卵管に着床した場合、自然に流産することもありますが、妊娠8〜9週になるまで放っておくと、胎児がその場所では成長しきれなくなって卵管破裂を起こすこともあります。

早期発見するためにも、自分で検査薬を使って妊娠反応が出たら、すぐに産婦人科で診察を受けることが大切ですね
関連コンテンツ

つわりの症状ってどんな感じ?

妊娠がわかったときからつわりの症状を早い人は感じ始めるようです つわりの症状はおもに下記のようなものがあります。 ●空腹時のむかつき…お腹がすくと気持ち悪くなり、少し食べると落ち着きます。・・・

妊娠3ヶ月(8〜11週)ママの体はどうでしょう

妊娠3ヶ月目頃になると、多くの場合産婦人科での妊娠診断を受けていることでしょうね。 そして「妊娠した」ということがはっきりして、それと一緒にお腹の中の赤ちゃんへの愛情が育っている頃でしょう。・・・

妊娠2ヶ月の(4〜7週)ママの体の様子

この頃になってくると、毎月くるはずの生理が来ない、また基礎体温をつけている人は高温期が続くことなどから「もしや妊娠したのでは?」思う頃ですね。 気になる人だったら、自分で確認するため妊娠検査薬を・・・

・妊娠1ヶ月目の(0〜3週)のママの様子

「あれ、いつもくるはずの生理がこない。毎月きちんきているのに」いつもと違う! もしかするとと思いつつ、、自分で妊娠検査薬を使って検査をしてみました。予定より1週間ほど・・・