妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

・妊娠1ヶ月の(0〜3週)赤ちゃんの状態

【赤ちゃんとママに笑顔がこぼれる】エルバオーガニックス



赤ちゃんの性別は、受精した瞬間に決まりますよね。

性別を決める性染色体にはXとYがあり、卵子の性染色体はXだけですが、精子の性染色体にはXとYがあります。

Xの精子が受精するとXXで赤ちゃんは女の子に、Yの精子が受精するとXYで男の子になります。

妊娠した時点ですでに性別が決まってはいますが、あまりにも小さいので超音波映像で確認できるのはまだ先のことですね


            

月経周期が28日のママのとすれば、妊娠2週目頃、卵管で受精卵が誕生して受精卵が子宮までたどり着くのは、受精から3日後くらいです。

その間は活発に、受精卵は1個から2個、2個から4個、4個から8個…と細胞分裂を繰り返しています。そして子宮に到達する頃には桑の実のような形にまで発達しています。

そして桑実胚と呼ばれる、まさしくその桑の実のような受精卵が、胞胚に変化していよいよ着床という状態になり、妊娠の成立となります。


この受精卵は、妊娠1ヶ月の間にこのように驚くほどのスピードで変化をしていきます。

けれどもあまりにも小さいので超音波検査では、様子を確認することはできないのです。


            


その後、妊娠3週末頃になると、受精卵の形がタツノオトシゴに似ている状態まで発達していきます。

この頃になると、中枢神経や心臓、肝臓など、生命に深く関わる器官の元になる組織もほぼそろってきています。

中枢神経は、将来、脳や脊髄に分かれて発達していくものです。

けれども、妊娠1〜2ヶ月の間は、大切な時期で流産することが高い期間でもあります

まず、着床は受精卵が子宮に着くまでの間に、細胞分裂が十分に行なわれないといけません。

その後も、超音波検査によって胎児の心拍が確認できるようになるまでは、少し心配な時期が続くことがおおいです。






関連コンテンツ

妊娠3ヶ月(8〜11週)赤ちゃんはどうしている?

3ヶ月目ころは、妊娠した女性にしかわからないつわりの症状に、少々つらい時期を過ごしているママが多いですよね。 この頃の赤ちゃんは元気にすくすくと、着々と人間らしい体になってきています。 つわり・・・

妊娠2ヶ月の頃の(4〜7週)赤ちゃんの様子

妊娠に気がついた頃の4、5週は、超音波写真に「胎嚢(たいのう)」という袋が見えます。これは、赤ちゃんを包む袋なのです。 胎嚢の大きさはまだ、とても小さく約10mmで、赤ちゃんの姿はまだ見えないで・・・