妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

:妊娠中のX線検査(レントゲン)や薬の影響は?

薬は、病気やケガなどのつらい症状を治してくれるのですが、忘れてはいけないのが、妊娠しているときは、おなかの中にいる赤ちゃんにも影響することです。

とくに妊娠初期は気をつけてほしいですね。

赤ちゃんの脳や心臓、神経などが活発に作られている妊娠4〜16週ころは、むやみに薬を服用すると奇形などが心配の可能性もあります。




薬の服用は、妊娠の可能性がある場合には特に気を配ったほうがよいですよ。
−−−−
とはいえ、一般に売られている市販薬は、どの人にもまんべんなく効くようにできているので、劇的な効果を期待できない分、赤ちゃんへの影響も大きくはありません。

市販薬を用法を守って数回服用したくらいなら、あまり心配はないでしょう。

しかし素人判断で市販薬を服用するのはよくないです。
例えば、風邪だと思っていたのが、実はインフルエンザだった、とかいう時には、不必要に風邪薬を飲んでしまう時もあります。

インフルエンザの場合、40度以上の高熱が出れば少なからず赤ちゃんに影響しますし、激しく咳き込むことで腹圧もかかってしまいます。

風邪かな、と思っても、妊娠中の時はお医者さんに的確な薬を処方してもらいましょう。

また、レントゲンは妊娠初期に気をつけなければいけません

特に、妊娠4〜16週の時に大量にエックス線を浴びると赤ちゃんに影響があります。

でも胸部エックス線やCT検査くらいの放射線量なら、子宮に近い骨盤以外の検査でなければ、特に問題はないでしょう。

「会社の健康診断でエックス線検査を受けた直後に妊娠が判明した」と心配する人が多いのです。
しかし、胸部エックス線なら子宮から離れているし、放射線の量も少ないので大丈夫です。
--------