妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

妊娠5ヶ月(16〜19週)の頃の赤ちゃんの様子

5ヶ月になる頃になると、つわりでつらいことやいろいろな不安があった、妊娠初期の時期を過ごしていたママも、落ち着いてマタニティーライフを送れるようになってきますね。

そして、この頃になるとおなかの中の赤ちゃんとのコミュニケーションが楽しめるようになってきます。

この頃の赤ちゃんの頭は鶏卵サイズ大になってきます。つまり妊娠する前のママの子宮くらいの大きさですね。

身長に対する頭の比率も少し小さくなり、4頭身くらいになってきます。

さらに、骨格と筋肉も発達してきまして、赤ちゃんは羊水の中で活発に動けるようになってきます。

赤ちゃんの動きも、足を前に伸ばしたり、首を振ったり、動きに複雑さが出てきますね。


        

赤ちゃんからの「元気にしているよ」のサインなので、早いママはその動きを感じ始めます。

この胎動を感じるときが、妊娠した中で一番しあわせを感じるときだというママも多いですね。

赤ちゃんの皮膚の色はだんだんと赤みをましてきて、皮下脂肪がついて、体型も少しふっくらしてきます。

この頃に「胎毛」と呼ばれる産毛も全身に生え、手足には爪が生えてきます。

しかし爪が全部出来上がるのは8ヶ月頃になります。

聴覚がだいぶ発達し、外の音に反応するようになるので、たくさん赤ちゃんに話しかけてあげましょう。

逆に、パパとママのけんかした時の声も聞こえてしまいますので、ここは夫婦仲良く過すことが大事です。

自分の指をしゃぶる動きも盛んに見られるようになります。おっぱいを吸う準備をしています。

赤ちゃんは、子宮の中で、羊水に浮かぶような格好をして過ごしています。

赤ちゃんは羊水を飲んでおしっこを羊水にだしたりしていますが、羊水は赤ちゃんをが外の衝撃を受けないように、クッションの役目も担っています。

こうして大切に守られて、育てられていくのですね。
関連コンテンツ

妊娠6ヶ月(20〜23週)経過した赤ちゃんの様子

妊娠も6ヶ月になると、赤ちゃんはどんどん大きくなってきて、妊娠23週頃には身長(頭殿長)は約30cm、体重約は650gにまで成長してきます。ママのお腹も大きくせり出してきます。 そのため、赤ちゃ・・・

妊娠4ヶ月(12〜15週)になった赤ちゃん

妊娠4ヶ月ころになると、赤ちゃんは、頭からおしりまでの長さが約16cm、体重は約100gくらいまでに成長してきます。 妊娠12週を過ぎたころの超音波の写真を見てみると、すでに頭、胴、手足がわかる・・・