妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

妊娠中の食事で注意しておきたいこと色々

早い人では妊娠がわかったその日からつらいつわりを数ヶ月にわたって耐えてきました。

妊娠5〜6ヶ月頃になると、胃のむかむか、吐き気など、なった本人しかわからないそのつらさが、だいぶ楽になってきます。

けれど、何でも食べられるようになったことは良かったですが、食生活には、これからのため、気を付けないといけない時期になります。

おなかに赤ちゃんがいるからといって、妊娠前の2倍の量を食べることはないのです。

注意したいのは、カロリーや塩分を控えて、出産のトラブルを避けるようにしましょう。

どちらもあまり過ぎると妊娠高血圧症とかの病気の元になったりして出産に影響してしまいます。

        


そのほかに、できれば避けたいものにがありますので参考にしてみてください。

◆カフェイン関係…血管を収縮させるため、赤ちゃんへの酸素や栄養を送ることに支障がありことが考えられます。

 コーヒーを1日に1杯飲む程度ならあまり影響はないでしょうが、飲み物はほうじ茶や麦茶にするのがオススメです。

◆一部の魚…水銀の蓄積が多いと思われるメカジキやキンメダイは、出来れば避けた方がいいでしょう。(食べても週2回程度がいいですよ)

◆添加物や農薬…普段でもそうですが、できるだけ含まれていない食品を選ぶよう心がけましょう。

◆アレルゲン食材…同じものばかりを毎日たくさん食べていると、アレルギー体質になる可能性がありますので注意です。
 バランスよくいろいろなものを食べましょう。

積極的に取り入れた方がいい栄養素には次のようなものがあります。

◆葉酸…妊婦向けに葉酸のサプリメントが市販されているくらい、葉酸は赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素です。

 特に妊娠初期の赤ちゃんには不可欠です。

 海藻や緑黄色野菜、レバーなどを積極的にメニューに加えたいものです。

◆ビタミンB群…不足すると疲れやすくなったり肥満が進んだりします。
 互いに相乗効果があるので、B群全体を摂ること心がけてください。

 発芽玄米、魚、レバー、豚肉、納豆などに多く含まれますね。

◆鉄…ママの貧血予防と赤ちゃんの成長にとても必要です、妊娠前の3倍必要になりますよ。
 アサリ、ひじき、納豆、小松菜。そら豆などに多く含まれています

◆ヨウ素…海藻類とか魚介類に多く含まれていてます。たんぱく質や脂肪の代謝をよくします。
関連コンテンツ

妊娠中は体重管理して太りすぎに注意しましょう

妊娠によって体重が増えるきっかけになることがたくさん出てきます。 まず、食べづわりがあります。これは何か食べないと気持ち悪くなってしまう症状です。 それから、つわりが終わってその反動で食べ・・・

早産と切迫早産の心配が後期にあります

早産と切迫早産が妊娠中期から後期にかけての心配事のひとつにあります。 早産とはどういうことかと説明しますと、赤ちゃんがまだ未熟な状態の妊娠22週〜37週未満にお産が始まってしまう事です。 ・・・

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)は早期発見が大事です。

妊娠中に気をつけなければいけない病気の中で妊娠中毒症というのがあります。 この妊娠中毒症という名称は、2005年から妊娠高血圧症候群という名称に変更されました。 この病気の特徴は、妊娠・・・

便秘と痔の予防も大切です

妊娠すると結構、便秘がひどくなる人が増えますね。 それはどうしてかと言いますと、妊娠を継続させていくために増えている黄体ホルモンで腸の動きを抑えられます。 また、大きくなった子宮が腸を圧迫・・・

妊娠中期のマイナーなトラブルについて

赤ちゃんの性別は妊娠した瞬間に決まっているのですが、はっきりと区別が目に見えてわかるようになるのはこの頃になります。 超音波検査を受けたときに、早い時期に赤ちゃんの体位によっては、分かることもあ・・・

妊娠中期になって現れるいろいろな症状

赤ちゃんをおなかの中で育てるしあわせ感でいっぱいになりますが、その反対に妊娠によってさまざまな不快な症状も出てきます。 妊娠の最初の頃に悩まされてきたつわりが治まってくる中期頃になると、また別の・・・