妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

妊娠中期になって現れるいろいろな症状

赤ちゃんをおなかの中で育てるしあわせ感でいっぱいになりますが、その反対に妊娠によってさまざまな不快な症状も出てきます。

妊娠の最初の頃に悩まされてきたつわりが治まってくる中期頃になると、また別のマイナートラブルがでてきます

それは、どのような症状かいくつか見てみましょう




          

◆妊娠線がでてきます

妊娠が進んでくると、おなかや乳房、太ももなどに赤色っぽいみみず腫れのような腺が出てきます。

妊婦の70〜80%に妊娠線ができて、一度できるともとには戻りませんが、お産が終われば線は白っぽくなってあまり目立たくなってきます

妊娠線は、急激に脂肪が増えて体重増加したり、皮膚の乾燥などでできやすくなりまから、体重管理や皮膚を保湿しておけば多少は防ぐことができます。


◆体毛が濃くなることがある

妊娠によりホルモンの分泌量が増えてその影響で体毛が濃くなることがあります。

しかしお産がすめば元に戻ります。

また、髪の毛がパサつきとか抜け毛とかの毛に関するトラブルも起こりやすくなります。

◆皮膚のかゆみがでる

ホルモン分泌が変化してきて、肌が敏感になってかゆみを感じる人が多くなるようです。

無理しないで、我慢できないときはお医者さんに相談してみましょう。

◆頭痛・肩こりの症状

大きくなった子宮の影響で姿勢が血行が悪くなったり、出産への不安がでてきて頭痛や肩こりがひどくなることもあります。

適度な運動や入浴で血行をよくし、ストレスを解消すると、痛みがやわらぎますよ。

◆しみ・そばかすの問題

ホルモンバランスの変化で、しみやそばかすができやすくなる人もいます。

普段から帽子や日焼け止めを用いて、日焼けしないように心がけましょう。

●めまい・立ちくらみの症状

大きくなった子宮に圧迫されて血行が悪くなってきて、急に立ち上がったときなどに脳へ流れていく血液が一時的に不足すると、めまいや立ちくらみを感じることがあります。

ゆっくりとしたペースで動くようにすることが大切ですね。
関連コンテンツ

妊娠中は体重管理して太りすぎに注意しましょう

妊娠によって体重が増えるきっかけになることがたくさん出てきます。 まず、食べづわりがあります。これは何か食べないと気持ち悪くなってしまう症状です。 それから、つわりが終わってその反動で食べ・・・

早産と切迫早産の心配が後期にあります

早産と切迫早産が妊娠中期から後期にかけての心配事のひとつにあります。 早産とはどういうことかと説明しますと、赤ちゃんがまだ未熟な状態の妊娠22週〜37週未満にお産が始まってしまう事です。 ・・・

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)は早期発見が大事です。

妊娠中に気をつけなければいけない病気の中で妊娠中毒症というのがあります。 この妊娠中毒症という名称は、2005年から妊娠高血圧症候群という名称に変更されました。 この病気の特徴は、妊娠・・・

便秘と痔の予防も大切です

妊娠すると結構、便秘がひどくなる人が増えますね。 それはどうしてかと言いますと、妊娠を継続させていくために増えている黄体ホルモンで腸の動きを抑えられます。 また、大きくなった子宮が腸を圧迫・・・

妊娠中期のマイナーなトラブルについて

赤ちゃんの性別は妊娠した瞬間に決まっているのですが、はっきりと区別が目に見えてわかるようになるのはこの頃になります。 超音波検査を受けたときに、早い時期に赤ちゃんの体位によっては、分かることもあ・・・

妊娠中の食事で注意しておきたいこと色々

早い人では妊娠がわかったその日からつらいつわりを数ヶ月にわたって耐えてきました。 妊娠5〜6ヶ月頃になると、胃のむかむか、吐き気など、なった本人しかわからないそのつらさが、だいぶ楽になってきます・・・