妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

便秘と痔の予防も大切です

妊娠すると結構、便秘がひどくなる人が増えますね。

それはどうしてかと言いますと、妊娠を継続させていくために増えている黄体ホルモンで腸の動きを抑えられます。

また、大きくなった子宮が腸を圧迫するので動きを妨げられたりするからなのです。

それと、運動不足や野菜不足の食生活でも、便秘をひどくする原因になります。

解消法として次のような方法があります。

◆食物繊維をたくさん摂るようにする。

ほどよい柔らかさと量の便を作るため、腸内環境を整えるのに必要な食物繊維を1日20〜25gを目標に摂りましょう。


           


◆適度な運動をすることも必要

毎日ウォーキングなどで適度に体を動かして、腸の動きを刺激するためにも必要です。

◆ヨーグルトを食べるようにする

善玉菌と言われる、ヨーグルトに含まれる乳酸菌などを増やして、腸内環境をよくしましょう。

◆水分を多めにとる

水分が不足すると、便が硬くなり、便通が悪くなります。多めの水分補給をしてください。

◆決まった時間にトイレに行くのが大事

同じ時間帯にトイレに行きましょう。毎日、出ても出なくても行くことが大事です。

決まった時間に行くことで便意を感じやすくなります。

●注意してください。

いろいろ試しても苦しいときは、自己判断で市販の便秘薬や浣腸を使わないで、必ずお医者さんに相談してください。妊娠中の自己判断は危険です。

それから、便秘がひどくなると、肛門の粘膜が傷ついて出血したり、静脈が圧迫されてうっ血し、こぶができます。

これがいわゆる、痔ですね。

放っておくとだんだん悪くなるので、早めにお医者さんに相談することをオススメします

妊娠に影響しない座薬などを処方してもらえますよ。

そして、普段から

立ちっぱなしは避けること。

お風呂で血行を促進すること。

排便時に無理にいきまないで排便後はシャワートイレで清潔を保ようにして、普段から痔の予防に努めることが大切ですね。
関連コンテンツ

妊娠中は体重管理して太りすぎに注意しましょう

妊娠によって体重が増えるきっかけになることがたくさん出てきます。 まず、食べづわりがあります。これは何か食べないと気持ち悪くなってしまう症状です。 それから、つわりが終わってその反動で食べ・・・

早産と切迫早産の心配が後期にあります

早産と切迫早産が妊娠中期から後期にかけての心配事のひとつにあります。 早産とはどういうことかと説明しますと、赤ちゃんがまだ未熟な状態の妊娠22週〜37週未満にお産が始まってしまう事です。 ・・・

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)は早期発見が大事です。

妊娠中に気をつけなければいけない病気の中で妊娠中毒症というのがあります。 この妊娠中毒症という名称は、2005年から妊娠高血圧症候群という名称に変更されました。 この病気の特徴は、妊娠・・・

妊娠中期のマイナーなトラブルについて

赤ちゃんの性別は妊娠した瞬間に決まっているのですが、はっきりと区別が目に見えてわかるようになるのはこの頃になります。 超音波検査を受けたときに、早い時期に赤ちゃんの体位によっては、分かることもあ・・・

妊娠中期になって現れるいろいろな症状

赤ちゃんをおなかの中で育てるしあわせ感でいっぱいになりますが、その反対に妊娠によってさまざまな不快な症状も出てきます。 妊娠の最初の頃に悩まされてきたつわりが治まってくる中期頃になると、また別の・・・

妊娠中の食事で注意しておきたいこと色々

早い人では妊娠がわかったその日からつらいつわりを数ヶ月にわたって耐えてきました。 妊娠5〜6ヶ月頃になると、胃のむかむか、吐き気など、なった本人しかわからないそのつらさが、だいぶ楽になってきます・・・