妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)は早期発見が大事です。

妊娠中に気をつけなければいけない病気の中で妊娠中毒症というのがあります。

この妊娠中毒症という名称は、2005年から妊娠高血圧症候群という名称に変更されました。


この病気の特徴は、妊娠によって血管にけいれんのような収縮が起こる病気で、全身で起きた場合は高血圧に、腎臓で起こるとたんぱく尿が出ます。

そのため、病気の診断の定義は「妊娠20週以降、分娩後12週までの間で、高血圧が見られる場合」「高血圧にたんぱく尿をともなう場合」となっています。

妊娠すると血圧は高めとなりますが、最高血圧は140mmHg以上で、最低血圧は90mmHg以上の場合に該当すると高血圧という診断になります。

特に症状がでやすいのは妊娠後期で、悪化してしまうと早産や未熟児出産などのトラブルにつながることもあります。

早期発見のために、妊婦健診を欠かさず受けることがとても大切です。


            


万一、妊娠高血圧症候群と診断された場合は、まず安静と食事療法を行い、必要に応じて薬物療法も治療に加えていきます。

妊娠高血圧症候群にかかりやすいタイプがあります。

それは、もともと高血圧や腎臓病、甲状腺疾患などの病気がある人。

前回の妊娠で中毒症にかかっている人

多胎妊娠の場合、血縁家族に高血圧の人がいる場合などがあります。


それから、味の濃いものが好きな人とか、栄養バランスが偏ったカロリーの高い食事をしている人や妊娠してから体重が増えすぎた人とかもこの病気にかかりやすいタイプに属するといえますね。

            




対策はどうすればよいかと言いますと、うす味に心がけて、塩分を控えるようにしましょう。

卵や牛乳、豆腐や鶏のささみなど良質なたんぱく質を摂る。

血圧を下げる作用のあるカルシウムを多めに摂る。

そして、適度に体を動かし、睡眠は十分にとることも大事です。
関連コンテンツ

妊娠中は体重管理して太りすぎに注意しましょう

妊娠によって体重が増えるきっかけになることがたくさん出てきます。 まず、食べづわりがあります。これは何か食べないと気持ち悪くなってしまう症状です。 それから、つわりが終わってその反動で食べ・・・

早産と切迫早産の心配が後期にあります

早産と切迫早産が妊娠中期から後期にかけての心配事のひとつにあります。 早産とはどういうことかと説明しますと、赤ちゃんがまだ未熟な状態の妊娠22週〜37週未満にお産が始まってしまう事です。 ・・・

便秘と痔の予防も大切です

妊娠すると結構、便秘がひどくなる人が増えますね。 それはどうしてかと言いますと、妊娠を継続させていくために増えている黄体ホルモンで腸の動きを抑えられます。 また、大きくなった子宮が腸を圧迫・・・

妊娠中期のマイナーなトラブルについて

赤ちゃんの性別は妊娠した瞬間に決まっているのですが、はっきりと区別が目に見えてわかるようになるのはこの頃になります。 超音波検査を受けたときに、早い時期に赤ちゃんの体位によっては、分かることもあ・・・

妊娠中期になって現れるいろいろな症状

赤ちゃんをおなかの中で育てるしあわせ感でいっぱいになりますが、その反対に妊娠によってさまざまな不快な症状も出てきます。 妊娠の最初の頃に悩まされてきたつわりが治まってくる中期頃になると、また別の・・・

妊娠中の食事で注意しておきたいこと色々

早い人では妊娠がわかったその日からつらいつわりを数ヶ月にわたって耐えてきました。 妊娠5〜6ヶ月頃になると、胃のむかむか、吐き気など、なった本人しかわからないそのつらさが、だいぶ楽になってきます・・・