妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

早産と切迫早産の心配が後期にあります

早産と切迫早産が妊娠中期から後期にかけての心配事のひとつにあります。

早産とはどういうことかと説明しますと、赤ちゃんがまだ未熟な状態の妊娠22週〜37週未満にお産が始まってしまう事です。



早産は、お産の始まりは普通の分娩と同じです。

ただ妊娠月数が満ちていないだけなのです。

そういうことですから、産後に赤ちゃんの成熟度に合わせた治療、対応が必要になります。

赤ちゃんの状態によってはNICU(新生児集中治療室)の設備の整った病院へ転送されることもありますね。

この治療室で赤ちゃんが自分の力で生きられるようになるまで、保育器に入って過ごすことになります。



           


それに対して切迫早産とは、妊娠は継続しているのですが、22週〜37週未満に規則的な子宮収縮(陣痛)が続いてみたり、子宮口が開く前兆として子宮頸管が短くなったり、子宮口が開いたりして、早産の兆候がある場合をいいます。

この場合はそのままお産が始まらないように、安静を第一にして過ごします。

重要なことは、お医者さんの指示に従って、自宅で、または入院して、早産の兆候がなくなるまで横になって過ごすようにします。

状態をみて必要に応じ、子宮収縮抑制剤の服用や、点滴による治療が行なわれたります。


早産に少しでも早く対応するため、「規則的なおなかの張りが続く」「おなかや腰に痛みを感じる」「出血がある」「破水した(あるいは、したかもしれない)」という時には、すぐ病院に連絡をとって受診することが大事です。

早産の原因としては、ママ側のほうで考えられることは、B群溶連菌やクラミジアなどによる感染症とか子宮の形の異常、前置胎盤や羊水過多や子宮頸管無力症が考えられます。
それから、赤ちゃん側の原因として考えられるのは、逆子の時や、多胎妊娠の場合、などがあるといわれています。

            



人によってはどれにも当てはまっていなくても、早産の兆候がでることもあります。

早産を避けるためには、頻繁におなかが張る人は運動をし過ぎないように注意したり、体重の増えすぎや塩分の摂りすぎが原因で妊娠高血圧症候群などの合併症にならないようにに気をつけてくださいね。
関連コンテンツ

妊娠中は体重管理して太りすぎに注意しましょう

妊娠によって体重が増えるきっかけになることがたくさん出てきます。 まず、食べづわりがあります。これは何か食べないと気持ち悪くなってしまう症状です。 それから、つわりが終わってその反動で食べ・・・

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)は早期発見が大事です。

妊娠中に気をつけなければいけない病気の中で妊娠中毒症というのがあります。 この妊娠中毒症という名称は、2005年から妊娠高血圧症候群という名称に変更されました。 この病気の特徴は、妊娠・・・

便秘と痔の予防も大切です

妊娠すると結構、便秘がひどくなる人が増えますね。 それはどうしてかと言いますと、妊娠を継続させていくために増えている黄体ホルモンで腸の動きを抑えられます。 また、大きくなった子宮が腸を圧迫・・・

妊娠中期のマイナーなトラブルについて

赤ちゃんの性別は妊娠した瞬間に決まっているのですが、はっきりと区別が目に見えてわかるようになるのはこの頃になります。 超音波検査を受けたときに、早い時期に赤ちゃんの体位によっては、分かることもあ・・・

妊娠中期になって現れるいろいろな症状

赤ちゃんをおなかの中で育てるしあわせ感でいっぱいになりますが、その反対に妊娠によってさまざまな不快な症状も出てきます。 妊娠の最初の頃に悩まされてきたつわりが治まってくる中期頃になると、また別の・・・

妊娠中の食事で注意しておきたいこと色々

早い人では妊娠がわかったその日からつらいつわりを数ヶ月にわたって耐えてきました。 妊娠5〜6ヶ月頃になると、胃のむかむか、吐き気など、なった本人しかわからないそのつらさが、だいぶ楽になってきます・・・