妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

妊娠中は体重管理して太りすぎに注意しましょう

妊娠によって体重が増えるきっかけになることがたくさん出てきます。

まず、食べづわりがあります。これは何か食べないと気持ち悪くなってしまう症状です。

それから、つわりが終わってその反動で食べてしまう。。。

そのほかにストレスによって食欲増進してしまう。。


  


そしてダメ押しで、周囲からもっと食べるように言われたり、最後に運動不足が重なって・・・・・いろいろ・・はぁ・・

そのうえ、体質が変化しています。それは妊娠するとママの体や赤ちゃんを守る本能が働いて、少しでもエネルギーをため込んでおこうとする体質になります。

こんな事がたくさんあるので体重管理が難しいのも当然といえばそうなのです。

しかしそうとばかり言って見いられません。必要以上に太ると、また別の問題が出てくるのです。

妊娠線ができやすくなったり、腰痛が起こったりすることも、それから妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)にもかかりやすくなります。

また、難産になる引き金、産道に脂肪がついて狭くなってしまっては大変です。

それから、出産時に微弱陣痛にもなりやすいとかも有るようです。

気になる体重増加はどこまで大丈夫か、というと、それは、病院で厳しく管理されるところ、妊婦さん本人に任せているところといろいろあるようです。

基本的には、妊娠時点で標準体重だった人は+10kgまで、やせ過ぎだった人は+12kgまで、太りすぎだった人は+8kgまで、と目安にするといいようです。


            



胎児・胎盤・羊水で約4kg、それからママの血液・水分・子宮や乳房の増加分で約3.3kg、そしてそれ以上の増加はママの皮下脂肪などになります。

妊娠中の食事は、栄養バランス、減塩、低カロリーを心がけることが大切です。

それから、つわりが治まって気分も晴れ晴れ、食欲も増大しがちです。

ですからつい間食を増やしてしまわないようにしましょう。

そしておなかが大きくても経過が順調なら適度に体を動かすなど、小さな努力を積み重ねていって、出産まで体重をしっかり管理していきましょうね。
関連コンテンツ

早産と切迫早産の心配が後期にあります

早産と切迫早産が妊娠中期から後期にかけての心配事のひとつにあります。 早産とはどういうことかと説明しますと、赤ちゃんがまだ未熟な状態の妊娠22週〜37週未満にお産が始まってしまう事です。 ・・・

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)は早期発見が大事です。

妊娠中に気をつけなければいけない病気の中で妊娠中毒症というのがあります。 この妊娠中毒症という名称は、2005年から妊娠高血圧症候群という名称に変更されました。 この病気の特徴は、妊娠・・・

便秘と痔の予防も大切です

妊娠すると結構、便秘がひどくなる人が増えますね。 それはどうしてかと言いますと、妊娠を継続させていくために増えている黄体ホルモンで腸の動きを抑えられます。 また、大きくなった子宮が腸を圧迫・・・

妊娠中期のマイナーなトラブルについて

赤ちゃんの性別は妊娠した瞬間に決まっているのですが、はっきりと区別が目に見えてわかるようになるのはこの頃になります。 超音波検査を受けたときに、早い時期に赤ちゃんの体位によっては、分かることもあ・・・

妊娠中期になって現れるいろいろな症状

赤ちゃんをおなかの中で育てるしあわせ感でいっぱいになりますが、その反対に妊娠によってさまざまな不快な症状も出てきます。 妊娠の最初の頃に悩まされてきたつわりが治まってくる中期頃になると、また別の・・・

妊娠中の食事で注意しておきたいこと色々

早い人では妊娠がわかったその日からつらいつわりを数ヶ月にわたって耐えてきました。 妊娠5〜6ヶ月頃になると、胃のむかむか、吐き気など、なった本人しかわからないそのつらさが、だいぶ楽になってきます・・・