妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

腰痛を予防する目的でやっておきたいこと。

そろそろ妊娠中期に入ってくると、大きくなったおなかを支えるために、背骨が反り返ったカーブになって、だんだんと腰に負担がかかりやすくなってきます。

また、ホルモンの影響によって、背骨や骨盤の関節がゆるんでいるので、体の重みを支える力が弱くなっていることも腰痛に関係しています。

これは、妊娠による生理的な変化なので、産後まで腰痛がすっきり解消されることは、残念ながらありませんね。

そして、これからさらにおなかが大きくなるので、痛みが増すことがあります。

そのためにも、正しい姿勢を保って、適度な運動で血行をよくして腰への負担をできるだけ減らすよう努力しましょう。

大切なのは、長時間、同じ姿勢を続けるのは避け、疲れたら横になって休むことも必要です。

妊娠中も仕事を続けているママはなかなか横になるのは難しとおもいますが、職場で上司に相談して休憩を配慮してもらうとかで無理のない環境で働けるいいのですが・・

楽な姿勢をとっていても、痛みが続くときは、椎間板ヘルニアなど他の病気の可能性も考えられるので、お医者さんに相談してください。

         

腰痛をひどくさせないようにするため、日常生活での注意点をいくつか挙げておきますので是非参考にしてください。

◆料理をするとき…筋肉の緊張を和らげるため、立ち続けないで、時々いすに座って休んだり、低い台に片足を交互に乗せるような工夫をしてみる

◆掃除をするとき…背筋が伸びて腰が楽になるように、掃除機は柄の長さを調節して片手で持ってみましょう。

◆いすに座るとき…背もたれに背をつけて深く腰掛けます。

◆階段の上り下り…猫背にならないよう背筋を伸ばして、重心を片足にしっかり乗せてから、もう一方の足を動かすようにします。

◆床に座るとき…まっすぐな姿勢を保つように工夫しましょう。たとえば、アイロンがけなど、床に座るときは、アイロン台の高さを調節してください。

ストレッチとしてネコのようによつ這いの姿勢で背中を丸めたり背骨を反らしたりを繰り返すことや、仰向けに寝て両ひざを立て、握りこぶしを使って、腰の気持ちよい部分を押しあてて両ひざを左右交互に倒して腰をひねる運動も、腰痛をやわらげる効果がありますよ。