妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

妊娠9ヶ月(32〜35週)になってきたママの体は

この9ヶ月めになってくると、大きなおなかを抱える大変さをいちばん感じる時期になりますね

そろそろ、妊娠して35週になってくると、子宮底長は約31cmにもなってきます、位置的にはみぞおちあたりになりますね。

子宮底の位置が妊娠の期間中でもっとも高くなる時期になります。



心臓や肺も圧迫された状態になります。

そのため動悸や息切れがひどかったり、胃がむかつくのもピークを迎えます。

さらに膀胱も圧迫されてきますのでトイレの回数が増えます。

また、くしゃみやせきをすると少量の尿がもれるということもあります。



      

出産の準備も始まって、膣や子宮口が柔らかくなり始めます。

そのことがあり、おりものがさらに増えたり、外陰部に腫れぼったい圧迫感を感じることもあります。

血液の循環量がさらに増え、夕方になるとむくみで靴がきつくなったり、人によっては足首が太くなることもあります。

この頃になると出産も間近になってきますので、特に初めて妊娠を経験された方は、不安と緊張の日々を過ごしている人も多いかと想います。

出産を乗り越える大きな力になるのは、何と言っても「赤ちゃんに会いたい」というママの前向きな気持ちです。この気持ちが大切です。

そのためにも、出産の知識を身につけておくことが、不安を減らし、出産が楽しみになってきますね。


           




妊娠9ヶ月に入ってきましたら、陣痛を乗り切るリラックス法を練習しておくとよいでしょう。


長時間の分娩を乗り切るコツは、リラックスを上手にして、心身の負担をできるだけ軽くすることです。

それから、腰の痛みのやわらげ方として、仰向けの状態で握りこぶしを腰にあて、腹式呼吸で吸う時に押し、吐くときに力を抜く方法もあります。


呼吸の仕方やマッサージ、力の抜き方など、リラックスする方法を助産師さんに相談してアドバイスをうけてることも大事です。

そして出産をイメージしながら練習をしてみましょう。
関連コンテンツ

妊娠10ヶ月(36〜39週)になったママの様子は?

ここまでくると、おなかのふくらみが、また先月よりもやや、下がった位置になったように見えるかもしれません。 それは、妊娠39週になると、赤ちゃんの頭が骨盤の中に入るので、子宮が下がってきて、子宮底・・・

妊娠8ヶ月(28〜31週)になるママは・・

妊娠28週めにはいると、いわゆる妊娠後期に入ります。 子宮底長は、31週には約26〜29cmにもなり、おへそとみぞおちの中間くらいまで達してきます。 このくらいになると足元が見えにくいくら・・・