妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

妊娠10ヶ月(36〜39週)になったママの様子は?

ここまでくると、おなかのふくらみが、また先月よりもやや、下がった位置になったように見えるかもしれません。

それは、妊娠39週になると、赤ちゃんの頭が骨盤の中に入るので、子宮が下がってきて、子宮底長は約33cm程度になります。

出産予定日は40週0日ですが、個人によって出産に最適な期間には幅があります。

それは、37週0日〜41週6日の期間が正期産と呼ばれます。

妊娠10ヶ月に入ってくると、さらに子宮が下がってきますので胃を押し上げられなくなります。

            



そのことによって胃もたれが楽になってきますので、うっかり食べ過ぎないように注意しましょう。

引き続き、カロリーオーバーにならないよう食生活は注意してください。

それから、下がってきた子宮が膀胱を圧迫するようになりますので、結果的にトイレの回数が増えてきます。

赤ちゃんの頭が骨盤の中に入ってきますので、からだ全体が動くような大きな胎動は減ってきます。

そして、子宮口や膣がやわらかくなってきますので、おりものも、水っぽくなってきて量もさらに、増えていきます。

出産が近づくとそのサインがいくつか出てきます。

その一つに、初めての人も聞いたことはあるかと思いますが、おしるしというもがあります。

このおしるしとは、少量の血液が混じったおりもがあれば、多くひとはは数日後に陣痛が始まることになります。

その他、不規則にあった子宮の収縮(前駆陣痛)が規則正しく、10分間隔くらいので張りがでるようになってきたら、陣痛の開始になります。

そうなってきたら病産院に連絡を取って、入院の仕度をして向かうようになります。

普通ですと多くは、陣痛開始後に破水することになりますが、たまに陣痛前に前期破水が起こることもあります。

その場合は感染が心配なので、すぐに病産院へ向かいましょう。

これらのサインは個人によって、おしるしから始まる人とか陣痛から始まる人、前期破水から始まる人、それぞれです。

二人目を出産する場合でも、一人目の時と始まりが違うことも多いようです。

お産の兆候について、妊娠10ヶ月に入ったら注意して過ごしましょう。



             


妊娠がわかったときから今日まで、不安や期待とか、それぞれいろいろな想いを抱えながら、おなかの赤ちゃんと一緒にしてきたマタニティーライフとも、もうすぐお別れですね。

大きなおなかとさよならするのは、少しさみしいと感じる人もいるかもしれませんね。

人生の中で、妊娠し自分のおなかの中で赤ちゃんを育てることが出来るって、とてもすばらしい経験ですよね。

そして出産をして、それから待っている子育てもすばらしい経験となります。

こうしたすばらしい日々が待っています。




そうです、これまで思い描いたいた赤ちゃんに会えるのもまもなくです。
関連コンテンツ

妊娠9ヶ月(32〜35週)になってきたママの体は

この9ヶ月めになってくると、大きなおなかを抱える大変さをいちばん感じる時期になりますね そろそろ、妊娠して35週になってくると、子宮底長は約31cmにもなってきます、位置的にはみぞおちあたりにな・・・

妊娠8ヶ月(28〜31週)になるママは・・

妊娠28週めにはいると、いわゆる妊娠後期に入ります。 子宮底長は、31週には約26〜29cmにもなり、おへそとみぞおちの中間くらいまで達してきます。 このくらいになると足元が見えにくいくら・・・