妻が妊娠検査で陽性・・もうすぐパパになるあなたへの簡単基礎知識のTOPに戻る

妊娠9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんはどうしている?

妊娠がわかってからからおよそ7ヶ月たちました。

あなたは、マタニティーライフを楽しんでこられました?

あなたのおなかもすっかり大きくなってきまして、おなかの赤ちゃんと楽しくコミュニケーションがとれるようになっていることでしょう。

妊娠9ヶ月(32〜35週)頃になると赤ちゃんは、見た目には、ほとんど新生児と変わりないようにみえます。

手足は活発に動かしていますが、体は、子宮の中で回れないくらい大きくなっています。

              



妊娠9ヶ月の始めにあたる、32週頃になると自律神経が成熟し、交感神経と副交感神経のバランスがとれて、体温調節、心拍や呼吸の働きが整ってきます。

しかし、まだ完全な状態とは言えないので、もう少しおなかの中にいたほうが、産まれてから、スムーズに胎外での生活が送れます。

35週になると、肺と腎臓の機能が完成されます。

妊娠の最終月にあたる10ヶ月(36〜39週)に入ってくると、心臓や呼吸器などの器官も成熟し、出産のスタートに向けて赤ちゃんもいよいよ準備が始まり、頭を下にして、ママの骨盤の中に降りてきます。

子宮がだいぶ窮屈になってきますので、赤ちゃんは両腕をぴったり胸につけて、あごをひいて、ひざから曲げた両足をおなかに引き寄せた状態のコンパクトな姿勢になります。

              


普通、39週の赤ちゃんの体重は3000〜3100gといわれていますが、当然個人差がかなり大きいです。

おなかにいるときの体重は推定で、超音波で診たBPD(頭の横幅)、FL(太ももの骨の長さ)、FTA(腹部の前後幅と横幅)を計算式に当てはめて推定されますが、実際の体重とは当然、誤差があります。

誕生直前の赤ちゃんと新生児の大きな違いは、肺呼吸をしているかどうかですね。

胎児の肺機能は35週頃から急速に成熟し、37週になると肺呼吸が十分出来るようになります。

おなかの中で、驚くほどのスピードで成長をしてきた赤ちゃんが、出産を乗り越え、ママに抱っこしてもらえる日もすぐそこですね。
関連コンテンツ

妊娠8ヶ月(28〜31週)赤ちゃんはどうしてる?

妊娠28週を過ぎると、赤ちゃんが自力で生きていくための器官の心臓や腎臓、骨髄などの機能がほぼ完成してきます。 妊娠8ヶ月の頃になると赤ちゃんは、身長(頭殿長)約40cm、体重約1500gにまで成・・・